剪定について

手入れの在り方

いわゆる剪定なるものですが基本は同様ですが全国的に見て地域性の特色があります。

また、業者、個人によっても個性が全面にでる場合があります。

そして個々のお客様も好み、考え、目的が多様です。

しかし残念ながら最近の依頼主は、「サッパリ、小奇麗」が主流。

また同様に見受けられる業者、職人も多い様に思われます。

とやかく言う私も、その様なお客様にはその様な仕事をすることもあり、お客様の希望、要望なのだからと都合よくそれなりの作業をすることもあります。

かといって少数派ながらも私の仕事に感銘を受ける方もいる。

難しい事は解らずとも見た目、印象の違いなんでしょうか?

お客様の感性なのか何なのか判りませんが、

私の手入れが好みみたいです。

(当然私も庭木などの剪み方の嗜好や目的を伺ったり、無意識に性格や考えを覗いたり、汲み取ったりします)

 

確かに違いと言えば基礎(土台)があっての基本なんです。

当然経験も学習も含めての話ですが。

 

基本を学んで学習、実践をしてきた職人はぱっと視の印象は良いです。

また基礎と基本を学んで学習、実践してきた職人の仕事はぱっと視の印象は同様に見えますが、並べ比べると素人でも何となくの違い、違和感は在るんです。

例えば、お客様から観て

玄関と居間から見える何処と無く気になる庭木が在るとします。

基本のみ学習した職人の芽を摘む、小枝を落とす剪みと

基礎と基本を学習した職人の同様の剪みは全く違ってきます。

基本のみ学習した職人の剪みは本人も気づかぬまま樹形を保ちながらも枝や小枝の調整が出来なかったり、無意識に才能や経験値の技量で樹形を変えたり調整したりします。

これはそれなりに馴染んだり、時には違和感を与えたりすることがあります。

これに対し、基礎と基本を学習した職人は知識と技量に加えて周囲の動線、役割、目的を無意識に考えているので樹形を絶妙に変化させたり、枝や小枝の調整を自然にこなします。

したがって、前者の場合

玄関と居間から観てサッパリ気持ちいい感じで馴染むか、何処と無く違和感の残る感じの庭木になります。

後者の場合

玄関と居間から観ても、その場の景観に馴染んだすっきりした感じの庭木になります。

 

たったこれだけの差で、お客様の印象は変わります。

実際の客様との会話の中で気づいた事です。

また、観ている人はちゃんと観てくれいる事に感謝です。

手入れの在り方・その二

基本、樹種によって剪定の適切な時期は異なりますが、樹木の特性を知った基礎知識があれば春夏秋冬、不適切な樹種、主要目的を除いて、剪みを入れることは可能です。

災害、病害、栄養或いは休眠、休眠準備、活動、休憩等による樹勢も様々です。

また剪みの入れ方に基本正解、不正解はあっても、もっと大切なのは庭木の特性や環境や健康状態に合った最も適切な方法を考慮することです。

また樹木の特性や長所を生かさなければならず、已むおえない場合を除き、色んな意味で萎縮させるのではなく、維持、時には伸ばすことも必然であります。


庭木の仕立樹形は実に多様です。

一つの樹種に対して2~3通り以上の仕立て方が在り、5通り以上の仕立て方ができる樹種も在ります。

大きい庭の見越しには単幹仕立で十分な樹種も在れば、インパクトの無い広い庭に筏ぶき仕立の樹種が一つ在っても面白い。

バカの一つ覚えみたいに散らしたり、玉段も円筒も否定しないが、その景観の配置の在り方や役割に合った剪みを入れなければならない。

喩え数本の、百本の、一本の庭木であろうと、その家庭環境等により仕立て方は変わるのです。

 

また手入れの際には樹勢や病害虫の有無や老木等の様子を伺い診て剪み加減、処置するのは当然です。

お問い合わせ